作家プロフィール

 

あみぐるみ作家 mako

 

  *略歴*

ハンドメイドブランド"PUPU布布(ぷぷ)”代表。福岡県久留米市出身。学生の頃コンビニでふと手にした本をきっかけにあみぐるみ制作を開始。以後国内外のあみぐるみ書を参考に独学で制作を続ける。2018年よりPUPU布布(ぷぷ)の店名で母の作品と共にオリジナルのあみぐるみ販売を開始。

 

*制作への想い*

あみぐるみに魅了され制作を続け10年以上。どんな時も優しい気持ちを思い出させてくれるあみぐるみが私は大好きです。

 

祖母や母が手芸好きで、幼い頃からものづくりが自然に生活の中にありました。母の作品に使用している布は祖母が孫たちの洋服を作る為に長年集めてきたもの。お花は父が庭で育てたものや生まれ故郷である久留米の道の駅で仕入れたものです。

 

 PUPU布布(ぷぷ)の作品には家族のあたたかな歴史や記憶が詰まっています。小さな作品達を通して皆様の生活にも優しい気持ちや笑顔をお届けできますように。手に取って下さった方のあたたかい記憶に残るような作品を作っていけたらと願っています。